東大阪市中新開にある、近鉄けいはんな線「吉田駅」から徒歩3分の歯医者です。一般歯科、小児歯科、予防歯科、審美歯科、歯科口腔外科などの診療を行っております。

どい歯科クリニック
ホーム
治療の流れ
診療内容
歯科
小児歯科
歯科口腔外科
予防歯科
審美歯科
インプラント
ホワイトニング
治療の費用
ごあいさつ
院内案内

セレック導入
歯列矯正やインプラント、噛み合わせを考えた全顎的な治療において、精度の高い「検査」で、正確な「診療」が出来ます。
AUGE SOLIO

当院では、最新の高性能3次元CT「AUGE SOLIO」を導入いたしました。

従来の2次元の歯科用レントゲンとは違い、3次元CTは、お口の環境や歯根の形状、骨の状態まで、お口の中をより詳細に正確な検査することができ、しっかりとした治療計画を立てることが可能です。

また、画像を診療チェア横のモニターに映し出し、患者様にもご確認いただいていおります。さらに、従来との違いとして放射線量は10分の1以下で、安心で安全な治療のご提供を実現します。

CT撮影イメージ インプラントの埋入オペの際に必要とされる周囲骨質、顎骨の状態をはじめとし、歯周疾患治療に必要とされる残存歯根と周囲骨の状態把握が可能です。
また、根管治療における歯根の破折の有無等の診断など、 今までにない専門性の高い診断ができるために、安全で納得のいく適切な治療ができます。

治療におけるCTのメリット
インプラント治療では、骨の状態(骨質や厚み、高さ、形態など)を正確で確実に判断する必要があり、インプラント体埋入の最適な位置を知る為にも絶対に必要であると言っても過言ではありません。
歯科用CTでの撮影画像をもとに、的確な治療計画を立てることは、安心な治療への第一歩です。

矯正治療への利用では、術前の検査で顎骨の状態が正確にわかるので、歯の移動量の最大幅が予測でき、また軟組織の状態もわかるので、診断結果をもとに、 顎と顔面と歯牙の関係を分析し、予知性の高い咬合育成を行えます。

歯周病は、歯を支えている歯槽骨が溶けていく病気です。
CTにより、骨の溶けている程度が正確に把握できますので、おおよその歯の寿命を積算することも可能です。これにより適切な管理・対応が可能となります。

埋伏している親知らずの歯と神経との位置関係を調べるのに非常に有効です。
これまで大学病院でしか受けられなかった複雑な親知らずの症状にも対応が可能になります。


歯科用CTの安全性について
CTと聞くと一般の方は、医科用CTは横たわるCTをイメージしがちですが、歯科用CTは座ったままでの撮影となります。 また、撮影時間がかなり短く約10秒ほどで済むので、被ばく線量が医科用CTの1/8〜1/50になります。

トピックス
診療時間
アクセスマップ
採用情報
リンク
ページの先頭へ
サイト利用規約 個人情報保護方針 〒578-0911 東大阪市中新開2-6-31 コンフォートエヌズ1F