東大阪市中新開にある、近鉄けいはんな線「吉田駅」から徒歩3分の歯医者です。一般歯科、小児歯科、予防歯科、審美歯科、歯科口腔外科などの診療を行っております。

どい歯科クリニック
ホーム
治療の流れ
診療内容
歯科
小児歯科
歯科口腔外科
予防歯科
審美歯科
インプラント
ホワイトニング
治療の費用
ごあいさつ
院内案内

歯科用CT導入

セレック導入

虫歯(う蝕)は、ストレプトコッカス・ミュータンス菌などによって引き起こされる歯の病気です。
虫歯はほかの病気と違って、原因を取り除いても、自然に治ることはありません。
虫歯は、進行度合いによって次のように分類されます。
_状: 表面のエナメル質が溶けはじめた、浅い虫歯です。
ほとんど痛みはありません。
治療法: この段階での治療は虫歯の部分を削って修復材をつめるという比較的簡単な治療ですみます。
_状: 虫歯が進行し、象牙質まで達しています。象牙質はエナメル質ほどかたくないので進行が早く、虫歯の穴が歯髄に近づくにつれて冷たい物がしみるようになります。
治療法: 治療はC1とほぼ同じですが、深いものは歯髄を保護する処置が必要になります。また、穴が大きくなっているものでは型をとって金属などのつめもの(インレー等)を作り、これを装着します。
_状: 虫歯が歯髄まで達していて、大きな穴があいています。
C2で冷たい物がしみていたのが、しだいに熱い物に痛みを感じるようになり、また、ズキズキ歯が痛み出したら、この状態に近づいていると考えられます。
治療法: C3以上に進行した虫歯の治療には「根管治療」といわれる、歯の根の治療が必要です。
歯髄が死んでしまった歯は非常にもろくなりますので、クラウンなどのかぶせものを装着することになります。
_状: 歯冠部がほとんどなくなり、根だけが残っている状態です。
治療法: 歯の根を使ってさし歯にするのに充分な健全歯質が残っていればC3の場合と同じように「根管治療」を行ない、この根を使って土台を作り、かぶせものを装着します。
しかし、健全な歯質が残り少なかったり、根の先の病気が非常に大きくなっている場合には抜歯になることもあります。

歯周病とは、お口の中の歯周病菌が増えることで起こる感染症の一つです。歯を溶かす虫歯と異なり、歯周病は歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かす病気です。人によって程度の差はありますが、一定の年齢になるとほとんどの方が歯周病にかかってしまいます。
歯周病が進行してしまうと歯を抜く以外に治療法はありませんが、当院では可能な限り自分の歯を残すように取り組んでいます。
歯肉炎 まず歯ぐきのはれ、出血から始まります。レントゲンでは顎骨の吸収は認められません。この時点で治療を始めると顎の骨に炎症が及ぶ前に治療をす ることができます。徹底したプラークコントロールとスケーリング(歯石をとる)で改善します。
軽度歯周病 歯ぐきの腫れ、出血はもちろんありますが、レントゲンでみると歯を支えている骨の吸収がはじまっています。それに伴って歯と歯ぐきの間の溝の深く(4〜5mm)になっています。
プラークコントロールとスケーリング、ルートプレーニング(歯と歯ぐきの境目の溝の中の歯根の表面をきれいにする)の治療が必要になります。
中度歯周病 軽度歯周病の治療プラス、必要に応じて、歯周外科とよばれる外科手術により、汚染された歯根の表面をきれいにし、歯槽骨、歯ぐきの整形を行います。
高度歯周病 歯を支えている骨が歯根の先まで吸収され、歯がグラグラになってしまいます。現状維持か、痛みがひどく日常生活に支障がある場合は抜歯せざるを得ません。
トピックス
診療時間
アクセスマップ
採用情報
リンク
ページの先頭へ
サイト利用規約 個人情報保護方針 〒578-0911 東大阪市中新開2-6-31 コンフォートエヌズ1F