東大阪市中新開にある、近鉄けいはんな線「吉田駅」から徒歩3分の歯医者です。一般歯科、小児歯科、予防歯科、審美歯科、歯科口腔外科などの診療を行っております。

どい歯科クリニック
ホーム
治療の流れ
診療内容
歯科
小児歯科
歯科口腔外科
予防歯科
審美歯科
インプラント
ホワイトニング
治療の費用
ごあいさつ
院内案内

歯科用CT導入

セレック導入

人と話をする時に、虫歯や黄色い歯、口臭などがあれば印象が悪くなることが多いようです。
特に女性は、そういったことがコンプレックスとなり、思い切って笑えないという方もいらっしゃると思います。
虫歯や歯周病の治療ももちろん必要ですが、こういった審美的なお悩みを持っておられる方に対しても、十分に納得していただける治療を心がけております。

インレーとは、虫歯の治療時に使う歯の詰め物のことを言います。
セラミックインレーとは詰め物の材質がセラミックでできているものを指しています。
通常、虫歯の治療時には、保険適用の場合ですと銀色の金属の詰め物を使います。保険適用外ですと、ゴールドを使ったり、セラミックを使用します。
それぞれに特徴はありますが、セラミックインレーでは、天然の歯と同じような白い色にすることができるメリットがあります。
虫歯の治療と審美治療を同時に行えるのがセラミックインレーです。


金属の土台の上にセラミックス(陶材)をのせるこの治療法は天然歯そっくりの色調に作ることができるため、ほとんど自分の歯と区別がつきません。 またメタルボンドはレジン(プラスチック)のような収縮や変色もなく、長持ちします。
温度による膨張・収縮率の異なる金属と陶材の接着という難しい技術もクリアした、強さと美しさを合わせ持っている治療法です。またブリッジや連結冠などいかなるケースにおいても使用出来るという利点があり、審美性の高いセラミックスと耐久性の高いメタルの長所を兼ね備えています。


上記のメタルボンドクラウンと違い、金属を使わないかぶせ物です。
金属を使用しないため光を透過するので、天然歯と変わらない透明感があり、高い審美性を得ることができます。また、金属アレルギーの方にも安心してお使いいただけます。


ホワイトニングでは改善できない色や歯と歯の隙間、少しの歯列不正などを治療する場合の治療方法です。
歯の表面を最小限の厚さ削り、セラミックを 貼り付け(付け爪のようなもの)て、白くする方法です。
セラミックを用いるので、色の変化や著しい磨耗などはなく、非常に薄いですが耐久性があり、あまり歯を削りたくないという方におすすめです。


喫煙などが原因で黒ずんだ歯ぐきに対して、薬剤をぬり、歯ぐきの黒ずみ部分をとることで、美しいピンク色の歯ぐきに戻します。


トピックス
診療時間
アクセスマップ
採用情報
リンク
ページの先頭へ
サイト利用規約 個人情報保護方針 〒578-0911 東大阪市中新開2-6-31 コンフォートエヌズ1F